image
第43回 気軽にeスポーツ体験!「モラージュ佐賀」にある「eスタジアム佐賀」に行ってきました
2021年2月26日

こんにちは。新郷桃子です。

今回は、eスポーツを応援する日産サティオ佐賀の強力なパートナー「eスタジアム佐賀」を見学しに「モラージュ佐賀」へ行ってきました。

画像1

eスタジアム佐賀」は商業施設「モラージュ佐賀」内に2020年8月にオープンした佐賀県初のeスポーツ総合施設です。

eスタジアム佐賀」を運営するエンターフォース株式会社 代表取締役社長の池田浩士さんにお話を伺いました。

画像2

プロ仕様の環境が整う「eスタジアム佐賀」

桃子 「今日はよろしくお願いします。早速ですが、『eスタジアム佐賀』の特徴を教えてください。」

池田社長 「店内にはハイスペックPCがプレイできる【PCスペース】やPCで配信ができる【配信スペース】、モバイルゲームやカードゲームがプレイできる【フリースペース】を設置しています。大会やイベント、コミュニティイベントなどが開催できるeスポーツのための施設なんです。」

画像3

桃子 「誰でも利用できるんですか?」

池田社長 「はい。会員登録をしていただければ、どなたでもご利用いただけます。利用料金は1時間500円からあり、パック料金も準備していますよ。」

桃子 「初歩的な質問で申し訳ありません。eスポーツで使うパソコンって、普通のものとは違うんですか……?」

画像04

池田社長 「プレイのタイムラグや不具合は致命的なので、eスポーツは環境が重要です。高速で処理できる品質の良いPC、回線を使い、長時間プレイしても体に負担がかからないようマウスや椅子も高品質の製品が推奨されています。」

桃子 「そうなんですね! お話を聞いて納得できました。」

池田社長 「ここにある製品は、どれもプロ仕様ですよ。」

桃子 「そ、そんな環境でeスポーツが体験できるなんて!」

池田社長 「家庭でこのレベルの環境を整えるのは簡単ではないと思うので、ぜひその違いを体感しにきてほしいと思います。」



モラージュ佐賀とeスポーツ

画像05

桃子 「なぜ『モラージュ佐賀』に出店されたのですか?」

池田社長 「『モラージュ佐賀』は、地元で暮らす人々が日常的に足を運んでくださる商業施設です。また、ポップカルチャーを応援することを施設として掲げられていて、イベントスペースや大型ビジョンなど、催事に適した環境も整っています。ここなら、子どもから大人までたくさんの方にeスポーツの魅力を知っていただくチャンスがつくれると思いました。」

桃子 「なるほど。たしかに最適な場所ですね。」

画像06

池田社長 「お子さまを『eスタジアム佐賀』に預けてお買い物を済ませたり、親子でいっしょにeスポーツを楽しんだりと、いろいろなお客さまがいらっしゃいますよ。時間を決めて遊べるのも使いやすいポイントだと思います。最近では、新規の会員登録が毎月100人以上ずつのペースで増え続けています。」

桃子 「100人?! 思っていたより多くてびっくりです!」

池田社長 「eスポーツの認知度が高まってきたこともあるのでしょう。オンラインで世界中のプレイヤーとコミュニケーションできる点でも、コロナ禍のDX時代らしいスポーツだと言えますね」

※DX(デジタルトランスフォーメーション)進化したデジタル技術を浸透させることで、人々の生活をより良いものへと変革すること。



本格的な環境でバトルロワイヤルゲームに挑戦!

桃子 「池田社長からみたeスポーツの魅力って、どんなところですか?」

画像07

池田社長 「eスポーツは、目的に沿ってコミットやサクセスを図ることから『ブレインスポーツ』とも呼ばれています。データはすべて記録されるので、課題が浮き彫りになるのもポイントです。こうした結果に基づいて戦略的に目的達成をめざすことは、クリティカルシンキングやロジカルシンキングの訓練にもつながります。」

桃子 「なるほど。手を動かしながら、頭もフル回転! 座っているとわかりにくいですが、ものすごくハードに考えるスポーツなんですね。」

池田社長 「そのとおりです。ちょっとだけ、体験してみますか?」

桃子 「はい、ぜひ!」

画像08

池田社長 「バトルロワイヤルゲームに挑戦してみましょう。これがゲーミングモニター。だいたい可動式になっています。」

桃子 「画面が縦にもなるんですね」

池田社長 「ゲーミングチェアも可動式で、体力の消耗が少なくなるよう人間工学に基づいて設計されています。あとは、ヘッドセットやタワーなど。マウスは通常のマウスよりもたくさんボタンがあります」

画像09 画像10

桃子 「本当だ!」

画像11

池田社長 「操作方法は簡単です。キーボードの「W」が前進 、「S」が後退、Aが「左」、Dが「右」、スペースキーでジャンプ。モニターに映る視界はマウスで角度をコントロールします。操作方法はプレイヤーによって自由に設定もできますよ。 」

画像12

桃子 「シンプルですね。さっそくやってみようっ!」

画像13

桃子 「映像がきれいですね。音もクリアで、マウスやキーボードの反応が良いから画面の中に吸い込まれるような感覚です。」

池田社長 「その没入感もeスポーツの特徴だと思います。」

桃子 「おもしろい!! 時間を忘れてしまいそうです。」

池田社長 「今度ゆっくりいらしてください笑。」



eスポーツで、佐賀から日本を元気にする

画像14

池田社長 「日本はeスポーツ後進国で、市場も選手もまだまだ成長の可能性があります。プレイヤーとして、また経営者として、今後は地方や企業との連携をより強くしながら、もっとたくさんの人にeスポーツの魅力を伝えたい。その熱量を全国へ発信して業界を盛り上げたいと考えています。『eスタジアム佐賀』がその発信基地となればうれしく思います。」

桃子 「すてきですね!」

池田社長 「今年は【日産サティオ佐賀グランプリ】の最初の1年でもあります。上原社長は、eスポーツで思いやビジョンを共にすることがきる強力なパートナーでもあります。これからもおもしろい企画を仕掛けて、いっしょにeスポーツと佐賀を盛り上げたいですね。」

桃子 「心強いメッセージをありがとうございます。ところで池田社長は、ご自身でeスポーツチームを運営されているんですよね。」

池田社長 「そうですね。ゲーム全般が昔から大好きで、eスポーツのファンなんですよ。実はチームの選手が日本の選抜チームとして出場する世界大会を控えていまして……。」

桃子 「ええっ?! そんなにすごいチームを運営されているんですね!」

池田社長 「全力を尽くしてきます。世界のeスポーツ熱は、今年もますます加速するはずです。気になる方はぜひ『eスタジアム佐賀』に足を運んでみてください。わからないことがあったら、スタッフに何でも気軽に聞いてくださいね。」

桃子 「池田社長、ありがとうございました!」

画像15

最後に、上原社長も交えて3人で記念写真♪

画像16

日産サティオ佐賀のeスポーツ特設サイトはこちらから!
「日産サティオ佐賀グランプリ」についても詳しく書いてありますので是非チェックしてみてください!
https://satiosaga-esport.com/


You Tubeチャンネルでは、過去の大会の様子も見ることができます!
https://www.youtube.com/channel/UCxbQANVA7Bj0V-ki5tEuyxQ