image
第36回 ついに登場! さらに進化した新型『ノート』体験レポ
2021年1月8日

こんにちは! 新郷桃子です。
今週の『週刊桃子』では、みなさんお待ちかねの新型車の体験レポートをお伝えします。
コンパクトカー販売台数で3年連続ナンバーワン※」と言えば……そう!!
日本一のコンパクトカー新型『ノート』です。

※ノートとして。コンパクトカーとは総排気量1600cc以下の小型・普通乗用車を指します。
2017年・2018年・2019年(自販連調べ)


画像1

パワーアップした新型『ノート』をいち早く体験

画像2

100%電動駆動の「e-POWER」が初めて設定された2016年の第2世代に続く、第3世代の新型『ノート』
試乗させていただいたのは12月23日。なんとこの日が、新型『ノート』の発売日だったんです。

人気の『ノート』がさらに進化したとの評判が広がっていたので、この日を楽しみにしていた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
全国でもいち早く新型『ノート』を体験できるなんて……!

以前、日産グローバル本社ギャラリーで取材済みですが、あらためて新型『ノート』についておさらいしてみましょう。



洗練されたエクステリア

画像3

デザイン、すごく変わりましたよね。
先代よりもさらにスタイリッシュな雰囲気だけど、重厚感もあってかっこいいですね。
「コンパクトカー」とは思えない存在感があります。

画像04

いちばん気に入っているのは、何と言ってもこのフロントグリル。
日本に古くから伝わる木工技術の「組子」をイメージしたデザインなんだそうですよ~。

エンブレムも一新されて、前よりもシンプルな印象ですね。
前のバージョンも好きだったのですが、新型にはこの新・エンブレムがぴったり!
リアのロゴは横文字になっていて、後ろから見たときの印象もけっこう変わりました。

画像05

そして、気になるのがボディカラーのバリエーション。
なんと、新型『ノート』では、2トーン2色、モノトーン11色の全13色のラインアップから選ぶことができるんです。


画像06

そんなに選択肢が多いと迷っちゃいますよね?

ちなみに、新型『ノート』のホームページには、ボディカラーのシミュレーションができるページがあるのでここで先にチェックしておいて、イメージを膨らませておくのもアリですね。

<カラーバリエーションはこちらからご確認いただけます>
https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note/exterior.html

ちなみに、今日試乗してるのは「バーガンディ」。
今日の洋服の色にも偶然ぴったりで、なんだかコーデしたみたいになっちゃいました!(笑)

画像07

シックな印象だけど光沢感もあって、何にでもなじみやすい色ですよね。


画像08

でも、見た目の印象って実物とけっこう変わるから、やっぱり実際に自分の目で見てみるのがイチバン。
気になる方はお近くの店舗に問い合わせてみて、ぜひ試乗してみてください。



運転席に乗ってみた!

さてさて、では運転席に乗ってみましょう。

画像09

まず驚いたのがハンドルまわりのデザイン。
メーターのまわりが大きなモニターみたいになっていて、先代や他の日産車よりも、かなり見やすくなっています。

スタイリッシュですっきりしたデザインだから見やすいですね。

画像10

それから、さらにびっくりしたのがセンターコンソール。
シフト部分はパソコンのマウスみたいな手のひらサイズで、ものすごくコンパクトになってます!!

画像11

下部にはしっかりと収納スペースがあるから使いやすい!

画像12

充電部分も気になるでしょう?
標準ではタイプAのUSB電源ソケット付きで、オプションでタイプCとワイヤレス充電器の装着ができます(対応機種は要確認)。
あこがれのワイヤレス充電!
これ、一度試したら離れられない便利機能じゃないですか~!

画像13

さらに、カップホルダーは紙パックも入る大きさに! 収納時はスマホサイズも入るみたいです。

画像14

こんなに快適な運転席でドライブできるなんて、まだエンジンもかけてないのに楽しみです!!

次回は満を持して、ドライブスタートです。お楽しみに♪

画像15