image2
第28回 日産自動車九州の工場を見学!〜いよいよ工場見学 編〜
2020年10月30日

みなさんこんにちは!
日産サティオ佐賀がばいガールの新郷桃子です!

画像1

今月は、日産自動車九州の工場見学の様子をお伝えしています。
前回の記事はこちら↓
https://area.nissan.co.jp/fair2/ns-saga/20/04/weekly_momoko/archive/20201023.html



画像2

日産自動車九州の工場は、236万2000㎡(東京ドーム約50個分)もの広大な敷地にあり、それぞれ工場棟が別れて建ち、生産工程の順に並んでいます!
工場の他には、診療所(工場専用の病院)や食堂、体育館、売店、ATMまであり、エリアがまるで一つの街のようなんです。


〈車ができるまで〉

  1. 鉄版から大きな部品を作る
  2. 溶接し、車のカタチにする
  3. ボディに色をつける
  4. 品質をチェックする

前回は、部品を溶接して車のカタチになるまでをお知らせしました。
今回は、車体に色をつけたり、品質をチェックしたりする工程へ。



【日産の技術がたくさん!】

画像3

工場内には、塗装工程について学べる部屋がありました。
サイドには、カラーのサンプルがたくさん並んでいるエリアも!(写真:右手の球体物)
カラーだけを見ていると、細かく輝いているものや発色が鮮やかなものなど様々で、車体全体をイメージするだけでワクワクします。

画像4

プラントアテンダントのお姉さんが説明してくださったのは塗装について。車体にそのまま塗装するのではなく、前処理や中塗りなどを経て、私たちが普段見ている塗装に仕上がっているんです。
あの鮮やかなボディになるまでには、手間がかかっているんだな〜

画像5

組み立て工程エリアでは、車づくりのエキスパートが作業をしやすいように工夫されていたり……

画像06

それぞれのお客さんのオーダーに合わせて部品を効率よく正しく取り付けられる工夫がされていたり……
一つ一つ丁寧に作られているということがよくわかりました。

画像07

工場内を見ていると、ひとりでに動いている無人カートが!!
線に沿って部品を運んでいます。

画像08

こちらは、シート(座席)を取り付けるロボット。
動きが機敏で正確!

ここでも日産の技術が光っていました。



【こんなところに港?!!】

画像09

さて、次の工程へすすむ前に、外を見渡すと、船がありました!
なんと日産専用の港があるんです!
ここから完成車がお客さんの元へ運ばれていきます。
一番大きな船には、なんと最大5000台もの車を積むことができるんだとか!

画像10

船に載せる時は、より多くの車を積むことができるように前後はおよそ30cm、左右はおよそ10cmしか空いていないというんです!
この狭い間隔にサイドミラーを閉じた状態で、しかもバックでぴったりと駐車しないといけないというから驚き!
厳しい試験をクリアしたプロのドライバーのみがなせる技。ここでも日産の技術を垣間見ることができました。

また、白色の車が多いように見えますが、完成車には必ず、ペイントガードフィルムという白いフィルムを屋根とボンネットに貼ってあります。
こうやって、車を綺麗な状態のままお客さんの元に届けられているんですね。



【最終検査】

画像11

検査工程では、完成した車の「走る・まがる・とまる」を一台一台チェックされていました。

画像12

ブレーキや走りを検査する際は、タイヤ部分(地面)が動く仕様になっている機械を使い、スピードを出して走りをチェック。外装・仕様検査では、エキスパートの目で確認されていました。

こうやって、一つ一つきちんと検査された車だけが出荷されているんだとわかると、より一層、安心して日産車に乗ることができそうです。



【面白い展示エリアがいっぱい】

画像13

工場見学のルートには、日産の車のことがわかる展示スペースがたくさんありましたよ。
パネルで車つくりの工程がわかりやすく展示されたエリア。

画像14

日産のレースで使われているスポーツカーのタイヤが展示してあるエリア。

画像15

そして、九州で生産された初めての自動車が展示してあるエリアまでありました。
その名も「ダットサン・トラック」(製造年月日:1976年12月23日)今見てもレトロでかわいい〜

いかがでしたか?
日産自動車九州の工場の様子をお届けしました。
こうやって車がつくられているところを見ると、日産の品質の良さに納得!
より日産の技術の高さを実感するいい機会となりました。

今回紹介した工場の工程は、ほんの一部。たくさんの技術と車づくりのエキスパートの力によって日々、日産の車は作られています。


※工場見学は、現在規模を縮小して実施されており、見学は溶接ロボットまでの工程となります。その他の工程は、今回特別に取材させていただきました。

※撮影のため、マスクを外しています。通常は、マスク着用の上、見学をお願いします。



【情報】

日産自動車九州株式会社
〒800-0395 福岡県京都郡苅田町新浜町1-3
WEB:https://www.nissankyushu.co.jp

画像16

最後に、日産リーフのミニカーをいただきました。
私とお揃い!

画像17

日産の車で来られた方には、なんと!

画像18

シールももらえます!!
工場のキャラたちかわいい。

皆さんも、機会があればぜひ、日産自動車九州の工場へ!

以上、日産サティオ佐賀がばいガールの新郷桃子でした。