image2
第22回 日産の車でアウトドアを楽しもう!
2020年9月18日

みなさんこんにちは!
日産サティオ佐賀がばいガールの新郷桃子です!

画像1

今月は、アウトドア特集〜!ということで、キャンプにおすすめの車を紹介しています。


まず紹介するのは、若者に人気のエクストレイル!
前回は、内装や自慢のラゲッジルームについてお伝えしました。


【前回のブログはこちら↓】

https://area.nissan.co.jp/fair2/ns-saga/20/04/weekly_momoko/archive/20200911.html


画像2

いざ!佐賀市から北山キャンプ場へ……
途中、バーベキューに使う食材を調達しながら山道をドライブ。
今回は、アウトドアシーンを考えた走行アシストシステムを体感!皆さんにお知らせしたいと思います。



【電子制御4WDシステム】

画像3

山道といえば、砂利道だったり、雨や雪で滑りやすくなった斜面など、悪路を走ることもありますよね?
4駆といえば、そんな場所にも適した車として選ばれる車。
でも、毎日そんな場所ばかり走るわけではないな……
そう思われる方もいるのではないでしょうか?


そんな時、役立つシステムが〈電子制御4WDシステム〉。読んで字の如く、電子制御によって、2WD(2輪駆動)と4WD(4輪駆動)を切り替えて走行してくれる技術なんです。

画像4

エクストレイルの凄いところが、アクセルを踏むだけでセンサーが路面状況を感知し、4WDコンピューターが走行状態を判断してくれるところ!


走行状況に応じて前後トルク配分を燃料消費が少ない(フロント)100:(リア)0から、悪路などで走破性を高める約50:50に切り替えることで、滑りやすい路面でも安定した走りを可能にしています。

画像5

今回は実際に、舗装されている道と砂利道を走りましたが、不便さを感じることなく車の安定感を維持したまま運転することができました。
スムーズすぎて、いつ切り替えたのかわからないくらい!
しかも、路面に合わせて切り替えることで、燃費も向上できるんだとか!一石二鳥とは、まさにこういうことですね!!


「4駆に乗りたいけれど、普段は(舗装されている)街の運転もする」という方には、ぜひ体感していただきたい機能です。



【インテリジェントブレーキ】

画像6

山道は、カーブが多いもの。そんな道を運転するときに役立つのが世界初のシステム〈インテリジェントブレーキ〉です。
コーナー時では速度調整をし、ブレーキ時は減速を援助してくれるシステムで、運転士の負荷を軽減してくれます。


実際に北山では、そこまで道が広くない森の中を走ったのですが、ストレスを感じずに走れました。
坂道でのカーブは、スピードにハンドル操作に……結構気を使うので、これは画期的なブレーキシステムだと思います。


コーナーやブレーキ時にエンジンブレーキを付加。コーナーでは速度調整を、ブレーキ時は減速をアシストし、ドライバーのブレーキの操作負荷を軽減

画像7

さらに、エクストレイルはインテリジェントライドコントロール(車体振動抑制システム)により小さなデコボコ道から大きなデコボコ道まで、車体の上下運動を予測し振動を軽減してくれる機能が施されています。
これも、乗り心地と安定感を実現してくれる先進技術の一つ。

  • 画像8
  • 画像9

まさに、キャンプにぴったりな車です。


画像10

いかがでしたか?


北山キャンプ場は、標高もそこまで高くなく割と行きやすい場所ですが、この先進技術を兼ね備えたエクストレイルなら、ちょっと遠出して、もっと高い山に挑戦してみたいな〜と感じました。


この安定感や走行技術の凄さは乗ってみなくちゃわからない!ということで、気になる方は日産サティオ佐賀にぜひ、試乗されてみてください!。


画像11

次回は?というと、まさか!!車でバーバキューができちゃう?!!!
電気自動車といえば〇〇○かな??


以上、日産サティオ佐賀がばいガールの新郷 桃子でした!