image1
第2回日産リーフの運転技術を試してみる
  • プロパイロット体感
  • 指先だけで簡単駐車プロパイロットパーキング
  • 運転をサポートしてくれる技術
2020年4月17日

みなさんこんにちはー!
日産サティオ佐賀がばいガールの新郷 桃子です!

画像1

「日産リーフがある生活」をお届けするブログの第2回!
今回は日産リーフに乗ってお出かけしてみます。

それでは出発!

画像2

今回は高速道路をつかってお出かけ。
ここで日産リーフに搭載されている運転技術を体験してみます。

体験するのは「ProPILOT(プロパイロット)」
プロパイロットは、高速道路での渋滞や長時間走行時に「アクセル」「ブレーキ」「ステアリング操作」をサポートしてくれる技術なんです!もう少し詳しく説明すると

  1. 車間距離をキープ
    前を走行する車をモニターし、日産リーフがアクセル、ブレーキをコントロールして前の車との車間距離を保つ手助けをしてくれる。
  2. 車線中央をキープ
    白線をモニターし、日産リーフがステアリングをコントロール。直線道路はもちろん、カーブにおいても走行車線の中央を走行する手助けをしてくれる。

操作方法はとてもシンプルです。

画像3 画像4

ハンドルにボタンが付いているので運転をしながら設定ができます。

画像5

プロパイロットを体験してみて、初めての感覚にびっくり!
設定をすれば、後は日産リーフが自動的に動いてくれる。
驚くことに、プロパイロット中はペダル操作が不要になります。

高速道路ではアクセルを踏み続けたり、渋滞はアクセルとブレーキを踏みかえたり・・・と足への負担が大きいですよね。プロパイロットのサポートにより「運転時の負担」や「渋滞での疲れ」が軽減されます。
長時間の運転後でも、お買い物やおでかけを思い切り楽しめる余裕ができそうです。

画像6

さて、私も目的地に到着しました!桜がとてもきれいな場所で一枚。(神埼市日の隈公園より)
日産リーフといっしょに、これからたくさんおでかけしたいなぁ~!

これだけでもすごいんですが、リーフにはもーっとすごい機能があるんですっ!
指先だけの簡単な操作で、スムーズに駐車ができる「プロパイロット パーキング」

3ステップの操作だけで駐車完了するまでドライバーをアシストしてくれます。

画像7

「ステアリング」「アクセル」「ブレーキ」「シフト」さらに「パーキングブレーキ」まですべて制御してスムーズに駐車・・・って、えーっ!?これってすごくないですか!
道路わきの縦列駐車、ショッピングモールの並列駐車、車庫入れなど駐車スペースはさまざま。初めての駐車場は感覚がつかめず、車を停めるときは少し緊張しちゃうんですが、これがあれば車自身が判断し動いてくれるので「駐車は苦手」という方も安心しておでかけできますね。

日産リーフの先進技術はこれだけではありません。

画像8

まるで上空から見下ろしているかのような映像。
これは「インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)」です。

画像9

ルームミラーだと思ったら実はモニター!
その驚きは私の表情で感じてください!

「インテリジェント ルームミラー」とは、OFFの状態は通常のルームミラー、ONにすると車両後方の映像が映し出される機能です。後方をきちんと確認したいときに便利ですね。

画像10

第2回のブログ、いかがでしたか?
今回は日産リーフの先進技術をたくさんご紹介しました!
次回は初めての充電体験をお届けします。

画像11

第1回で紹介したように、日産リーフは100%電気自動車。走行するためには充電が必要になります。充電ってどうやるの?充電スポットってどこにあるの?女性でも大丈夫?など私が体験したことをレポートしますね!

今日の更新はここまで。最後まで読んでくださってありがとうございました。
次回もまた読んでくださいね。

以上、日産サティオ佐賀がばいガールの新郷 桃子でした!