image
第54回 やっぱり電気自動車(EV)がいい! リーフで有田までドライブ♪
2021年6月1日

こんにちは! 新郷桃子です。前回から引き続き、電気自動車リーフでドライブ。
今回は有田に向かいます~

画像1

静かでスムーズ! リーフで快適ドライブ

カーブ多めの山道も、リーフでスイスイ行きます。武雄でランチしたときに、ショップで買った桃イヤリングを付けて♡ 

画像2

走行中の静かさは本当にすごい。助手席に乗った友達もかなりびっくりしますよ!アクセルペダルだけで加速・減速ができる「e-Pedal」。ペダルの踏み変え回数が減るので、運転が楽に感じます。使いに慣れてくると、もうこれがないと困るな~という気持ちになってます。

有田に着いたら、まずは散策に役立ちそうな情報をゲットしよう!ということで、到着したのはこちら↓↓↓

画像3

JR有田駅前にある「KILN ARITA」です。観光案内所を兼ねているので、地図や観光パンフレットがたくさんあります。

画像4

有田と言えば「有田焼」。さかのぼってみると、400年くらい前から磁器づくりがはじまったようです。パンフレットを見ていると、その歴史が感じられる場所がたくさんあるとわかりました。あぁ~、ここもあそこも行きたい!!



有田の中心部を散策♪

表通りをゆったり散策♪ 古い街並みが残っていて風情があります。

画像5

陶器店がいっぱい! その他、昔ながらの商店の間に、ちらほら新しいショップも並んでいます。やっぱり有田は、今も昔も人を惹きつける街なんですね。

画像6

あっ! この徳利セット、かわいい!!

画像7

裏通りにあるこの「トンバイ塀」も有田らしい景観のひとつ。

画像8

「トンバイ塀」は、登り窯を作るために使った「トンバイ」と呼ばれる耐火レンガの廃材や使い捨ての窯道具を、赤土で塗り固めて築かれた塀のことなんだって。

画像9

と言うことは、この「トンバイ塀」に埋まってる材料って何百年も昔のもの?! すごい!



磁器発祥の歴史にふれる★

さてさて。有田中心部からちょっと移動。車で5分くらいのところにある「石場神社」にやってきました。

画像10

有田では毎年11月になると、石場神社の山の神へ相撲を奉納してきたそうです。街に住む人たちは仕事を休んで「石場相撲」を見物に行ったんだって!

あれ、今気づいたけど……。ここの地面、陶磁器が埋めてあるみたい!

画像11 画像12

これは写真に撮りたくなる♡ かわいい絵柄が入るアングル、見つけたいな~

そして最後は、石場神社から徒歩すぐの「泉山陶石」へ向かいます。

画像13

この先にあるのが、こちら!
じゃ~ん!!

画像14

えっと、巨大な岩……?!

この「泉山陶石」は、17世紀の初めに朝鮮人陶工が磁器の原料となる「陶石」を発見した場所なんだそうです。そっか、ここから有田焼の歴史がはじまったのか。まさに有田のシンボルですね!


まだまだ見たいところはあったけど、これで今回の旅は終わり。マイ・リーフ(いえいえ借り物です)で、安全運転して帰ろう~っと♪

画像15

そう言えば! リーフってドライブだけじゃなくて、キャンプにも使えるんですよ! この前友達とキャンプに行ったとき、リーフの充電バッテリーを電源代わりにして半日くらい遊び倒しました。ホットプレートとか保冷庫とか持ち込んで♪

気候が良くなったら、海や山でキャンプ使い。かなりおすすめです!



<今回訪れた場所>
■KILN ARITA(キルンアリタ)観光案内所
営業時間 9:00~17:00
住所:佐賀県西松浦郡アリタ町本町丙972-31
TEL:0955-42-4052

■ドンバイ堀
住所:佐賀県西松浦郡有田町上幸平付近

■石神神社
住所:佐賀県西松浦郡有田町33

■泉山磁石場(国指定史跡)
住所:佐賀県西松浦郡有田町泉山1-33