兵庫日産
兵庫日産

EV(電気自動車)といえば兵庫日産

大好評クロスオーバーEV 日産アリア店頭販売中!
先進テクノロジーがもたらす未体験のドライビングをその手に。
Photo:B6。ボディカラーは暁-アカツキ-:サンライズカッパー(M)/ミッドナイトブラック(P)2トーン〈特別塗装色:88,000円〉。
注意事項はこちら ▼
*1 プロパイロット 2.0は、自動で運転する装置ではありません。ドライバーは周囲の状況や車両の動作に常に注意し、確実にハンドル、ブレーキ、アクセルを操作し、安全な運転を行う責任があります。また、プロパイロット 2.0は、側方にいる車両には反応しません。合流部、カーブを走行するとき、また大型車両が隣の車線を走行しているときは特に周辺車両に注意し、必要に応じてハンドル操作をしてください。ドライバーが常に前方に注意して、道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状況にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能となる運転支援システムです。対面通行路・トンネル内、急なカーブ路、料金所・合流地点およびその手前などでは、ハンズオフできません。ハンズオフができない区間に入るときにはシステムが事前にドライバーに通知するので、ドライバーはハンドル操作をする必要があります。プロパイロット 2.0の操作方法や重要な注意事項などが記載されておりますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。(注)運転支援システムのご注意 プロパイロット 2.0は、ドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突回避や、障害物の検知・警報、運転支援をするものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがあります。システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。なお、プロパイロット 2.0をお使いいただくためには、Nissan Connect サービスへのご入会(有料)が必要となります。【同一車線内でのハンズオフ機能】高速道路(高速自動車国道法の定める高速自動車国道、および、道路法の定める自動車専用道路)の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ、直ちにハンドル操作できる状況にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能です。 *2 ご利用にはNissan Connectへのご加入が必要となります。
日産アリアの充電システムがライフスタイルを変える
注意事項はこちら ▼
*1 一充電走行距離は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。電気自動車は、走り方や使い方、使用環境等によって航続可能距離が大きく異なります。●本諸元の交流電力量消費率および一充電走行距離の表示は、「WLTCモード(国土交通省審査値)」です。●WLTCモードは、「市街地」「郊外」「高速道路」の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。
*1 ご自宅で充電する場合、電気工事が必要となります。日産のお店では、電気工事業者のご手配も承ります。詳しくは、カーライフアドバイザーにご相談ください。*2 メーカーオプション。

電気自動車とV2Hを組み合わせることで、家中の電力をまかなうことができます。たとえば停電の時などに日産アリアなら一般家庭数日分の電力供給が可能。また、電気代の安い時間に充電すれば電気代も節約できます。

世界で加速するEV化 カーボンニュートラルの社会的な潮流
地球温暖化への対応が急務となる中、世界ではクルマからのCO2排出量を削減するための規制の強化が進んでいます。中国では、EV・PHV・FCVを「新エネルギー車(NEV=New Energy Vehicle)」と位置づけ、NEVが急速に普及し、世界最大のEV大国になりつつあります。また、欧州では大手メーカーが相次いでEV専用車の量産を開始、米国でもEVの販売台数が急速に増加するなど、世界でEV化の潮流が加速しています。
申請総額が、予算額を超過次第募集を終了します。
国からの補助金について▼
※令和4年度当初予算【高度な安全運転支援技術を備えた車両の上乗せ支援】「プロパイロット2.0」を装着した場合。
●国の補助金* 令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」 以下「令和3年度補助金」令和4年度予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」 以下「令和4年度補助金」
●令和3年度補助金は2021年11月26日以降、令和4年度補助金は2022年2月19日以降に新車新規登録の車両が対象となります。※令和4年度補助金の「高度な安全運転支援技術を備えた車両の上乗せ支援」は4月1日以降に新車新規登録の車両が対象となります。
●補助金には申請期限があります。申請額が予算額に達した場合は受付終了となりますのでご注意ください。
国からの補助金について詳しくはこちら
※上記いずれかの費用をサポートします。詳しくはカーライフアドバイザーにお問い合わせください。
充電サポートについて▼
〈充電サポート について〉直接当社販売店で新車をご購入いただいた場合に対象となります。EV充電サポートのお申込みは、ご購入1台につき1回 キャッシュバックとさせていただきます。『充電設備工事実施』もしくは『ZESP3新規入会』をお選びいただけます。重複適用はできません。『充電設備工事実施』の場合には、ご購入車の登録後1ヶ月以内に本申請が必要となります。本キャンペーンは、事前に告知することなく変更・中断あるいは終了する場合があります。価格は予告なく変更される場合がございます。〈充電設備工事実施(普通充電コンセント・V2H)について〉キャッシュバック金額を超える場合は、お客さまのご負担となります。また、キャッシュバック金額に満たない場合でも差額を返金、値引きすることはできません。充電設備工事の施工業者は、兵庫日産推奨(業務委託先の船井サービス株式会社、もしくは株式会社JM及び全日電工連EV施工パートナー)に限ります。工事費用は一旦お客様にお立替いただきます。キャッシュバックのお振込みは売掛金の完済後となります。キャッシュバックの申請有効期限は、ご購入車の登録後、普通充電コンセントの場合は6ヶ月間、V2Hの場合は1年間となります。〈ZESP3新規入会について〉プレミアム3年定期契約に新規ご入会で、どのプラン※でも日産アリアは一律20万円(税込)、日産リーフ・日産サクラは一律10万円(税込)、キャッシュバックとなります。キャッシュバックの申請有効期限は、ご購入車の登録後6ヶ月間となります。※プレミアム10・20・40のプランが対象、シンプルプランは対象外となります。
兵庫日産のお店に相談する
詳しくはこちらからご確認ください
特典と国の補助金について▼
※各特典の適用条件はカーライフアドバイザーまでお問い合わせ下さい。
※4〈日産リーフ 国の補助金について〉X Vセレクション〈40kWh〉の場合。●国の補助金* 令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」 以下「令和3年度補助金」令和4年度予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」 以下「令和4年度補助金」
●令和3年度補助金は2021年11月26日以降、令和4年度補助金は2022年2月19日以降に新車新規登録の車両が対象となります。※令和4年度補助金の「高度な安全運転支援技術を備えた車両の上乗せ支援」は4月1日以降に新車新規登録の車両が対象となります。
●補助金には申請期限があります。申請額が予算額に達した場合は受付終了となりますのでご注意ください。
特典と国の補助金について▼
※各特典の適用条件はカーライフアドバイザーまでお問い合わせ下さい。
※7〈日産サクラ 国の補助金について〉X 〈20kWh〉の場合。●国の補助金* 令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」 以下「令和3年度補助金」令和4年度予算「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」 以下「令和4年度補助金」
●補助金には申請期限があります。申請額が予算額に達した場合は受付終了となりますのでご注意ください。
※装着頂くオプションの総額が、対象金額に満たない場合でも差額を返金することはできません。※本キャンペーンは予告なく変更または終了する場合がございますのであらかじめご了承ください。※直接当社販売店で新車をご購入いただいた場合に対象となります。※下取り車は当社にご入庫いただくことが条件となります。※下取り車が複数台ある場合もご購入1台に付き、いずれか1台のみ適用となります ※詳しくはカーライフアドバイザーにお問い合わせください。
※直接当社販売店で新車をご購入いただいた場合に対象となります。※リース契約は対象外となります。※詳しくはカーライフアドバイザーにお問い合わせください。
日産自動車のEV投入の歴史
2010年のリーフ発売より積み上げたノウハウを常に次のモデルへ反映しつづけ、国内累計販売台数15万台を突破。2022年には日産として初の軽自動車タイプのEVを販売へ。
※日産リーフは2021年度に日本累計販売台数15万台を突破しました(2022年3月時点)
※WLTCモードでの航続距離日産リーフ : 322km、日産リーフe+: 458km ※アリアはWLTCモード社内測定値
試乗のお申し込みはこちら

【ご注意】安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。

▼ 注意事項の詳細を見る
© 兵庫日産自動車株式会社 All rights Reserved.

TOP