太陽光パネルを設置されているお客さまへ “電気を売る”から“ためてつかう”へ。

Vehicle to Home スタートキャンペーン!

現在お乗りのおクルマの下取り価格が20万円アップ!

※詳しくは販売店のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

V2H機器の製品代・工事費から最大20万円キャッシュバック

※ご希望の製品タイプに応じて製品代・工事費からキャッシュバックいたします。
※詳しくは販売店のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。
※日産自動車、日産自動車販売会社社員は対象外とさせて頂きます。

詳しくはこちら

キャンペーン対象

以下フォームより応募の上、
2020年1月11日(土)~3月31日(火)までにご成約、
4月30日(木)までにご登録頂いた方が対象となります。

応募はこちら

応募規約はこちら

卒FIT対策として、日産リーフを蓄電池利用してみませんか?

FITとは? ~固定価格買取制度-FIT-とは?~

再生可能エネルギーで作られた電力のうち、余剰電力を電力会社が10年間固定金額で買い取る制度です。

 固定価格買取制度-FIT-とは?

卒FITとは?

2009年11月に開始した余剰電力買取制度の適用を受けた方については、2019年11月以降、10年間の買取期間を順次満了していくことになります。FIT終了後は、買取価格が大幅に下がることから、「2019年問題」「卒FIT」と言われています。

※1 再生可能エネルギーからの固定価格買取制度における、2009年度・2010年度単価。
※2 2019年11月時点。詳しくは、各電力会社にお問い合わせください。

卒FITとは?

卒FIT対策をしないとどうなるの?

FITの売電期間が終了後、特に何も対策を行わない場合、買取価格が大幅に下がってしまいます。また、契約によっては、継続で買取がされず、余剰電力はそのまま大手電力会社が無料で引き取ることとなる可能性もあるため、終了までにきちんと検討・対策を行うことが必要となります。

卒FIT対策をしないとどうなるの?

※ 平成31年3月環境省「平成29年度 家庭部門のCO₂排出実態統計調査」太陽光発電システムの年間売電量(使用世帯当たり)

FIT満了後の対応

買取期間が終了した後は、大きく分けて2点の対応を選ぶ必要があります。

  1. 売電を続ける

    ①売電を続ける

    FITの売電期間が終了後、特に何も対策を行わない場合、買取価格が大幅に下がってしまいます。また、契約によっては、継続で買取がされず、余剰電力はそのまま大手電力会社が無料で引き取ることとなる可能性もあるため、終了までにきちんと検討・対策を行うことが必要となります。
  2. 自家消費をする

    ②自家消費をする

    売電ではなく、蓄電池を購入し、発電した電気をためて、自宅で利用することも可能です。太陽光発電や深夜などの安い時間帯の電気をためて、購入単価が高い時間帯に使えば、電気代の節約にもなります。
    太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで電気の一部自給自足も可能になるので、通常時の利用だけでなく災害時の備えにもなります。

電気自動車や定置型蓄電池・エコキュートなどと組み合わせて自家消費

自家消費をする場合、定置型の蓄電池を購入・設置、エコキュートを導入する以外に、EVに電気をためるという選択肢もあります。発電した電気をEVにためてEVを走らせられれば今まで支払っていたガソリン代が必要なくなり、夜間の割安の料金の時や発電の余剰電力をEVに充電利用するという、通常の蓄電池と同じように使用することも可能です。

電気自動車や定置型蓄電池・エコキュートなどと組み合わせて自家消費

電気自動車の蓄電池利用

電気自動車はクルマだけではなく、バッテリーを蓄電池として利用することもできます。しかも、
一般的な定置型蓄電池に対し大容量(40kWh〜62kWh)。
また、災害時などでガソリンの配給が途絶えても、電気の力だけで電気を運ぶことができます。

蓄電池として大容量、kWhあたりが経済的、電気の利用範囲が家全体
災害時にも電気を使える安心

電気自動車およびV2H機器のご購入についてはお近くの日産のお店にご相談ください。

蓄電池としても使える新しい時代の強い味方 最先端EV 日産リーフ

災害発生時のライフライン復旧までの備えに。

災害によって、電力/ガス/水道/燃料などのライフラインが寸断された際、ご家庭や避難所への電源供給にも使うことができます。40kWh/62kWhのバッテリーを備えた日産リーフ(ZE1型)は、一般家庭の約2〜4日分の電力をまかなうことができます。

災害発生時の燃料供給の混乱が沈静化するまでに約1ヵ月かかるとも言われていますが、電気の復旧は比較的早いため、移動手段としても早期の利用目途が付きます。

インフラの復旧の比較

太陽光パネルを設置されているお客さまへ “電気を売る”から“ためてつかう”へ。

Vehicle to Home スタートキャンペーン!

現在お乗りのおクルマの下取り価格が20万円アップ!

※詳しくは販売店のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

V2H機器の製品代・工事費から最大20万円キャッシュバック

※ご希望の製品タイプに応じて製品代・工事費からキャッシュバックいたします。
※詳しくは販売店のカーライフアドバイザーにお問い合わせください。
※日産自動車、日産自動車販売会社社員は対象外とさせて頂きます。

詳しくはこちら

キャンペーン対象

以下フォームより応募の上、
2020年1月11日(土)~3月31日(火)までにご成約、
4月30日(木)までにご登録頂いた方が対象となります。

応募はこちら

応募規約はこちら

*1 エコカー減税について

  • 【適用期間】自動車重量税:2021年4月末までの登録(届出)車。
  • ・自動車重量税は乗用(3年)で算出しております。
  • ・グレード・車両重量、オプション装着等によって減税措置の適用内容が異なります。
  • <環境性能割について>
    【適用期間】2019年10月1日から2021年3月31日までの登録(届出)車。車両の取得価格および環境性能によって課税額が異なります。環境性能割の金額は自家用登録(届出)の場合の課税額となります。詳しくはお近くの販売会社にお問い合わせください。
  • <自動車税(種別割)について>
    【適用期間】自動車税(種別割):2021年3月末までの登録車(それぞれ登録(届出)翌年度から1年間適用)。
  • ・自動車税(種別割)の表示は自家用の場合です。減税額については翌年度の支払い分です。登録車は、購入時に減税前の税額を月割りでお支払いいただきます。

*2 クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金について、詳しくは次世代自動車振興センターのWebサイトにてご確認ください。【地方自治体の補助金】各自治体独自に補助金を設定している場合がございますので、各自治体のホームページでご確認ください。

  • ※スマートフォン内の画面はハメ込み合成です。
  • ※本サイトに掲載されている画像や動画の車両と販売されている車両では、一部仕様が異なります。
  • ※仕様ならびに装備は予告なく変更することがございます。
  • ※3D画像はCGによるイメージ画像です。実際の色とは異なって見えることがあります。
  • ※掲載されている写真の一部は合成写真となります。