蓄電池としての日産リーフ

日産リーフが
蓄電池の代わりに
なるって知ってた?

2019年11月から自宅の太陽光発電で余剰電力の
固定価格買取制度(FIT)の買取期間が終了します。
卒FIT後には、日産リーフに蓄電する方法もあります!

リーフに貯めた場合のメリット

卒FIT後、あなたならどうしますか。
このまま余った電力を安く売電しますか?
それとも、貯めて使いますか?

※一部の電力会社等では買取価格を大幅に減額(48円→9円?!)して買い取りサービスを発表

アイコンPOINT
せっかく作った電力を
電気自動車「リーフ」に貯めて
蓄電池として利用しませんか!?
卒FIT後、日産リーフに貯めた場合の
「メリット」をご紹介します!
  • 3~12kWh

    一般に販売している蓄電池の容量

  • 40kWh 日産リーフは蓄電池としての容量がスゴイ

    日産リーフの蓄電池としての容量

アイコンPOINT
日産リーフを一般的な蓄電池に換算すると
日産リーフを一般的な蓄電池に換算すると
アイコンPOINT
卒FIT後は、
リーフのバッテリーに貯めた電気は、
EV用パワーコンディショナー(※1)
を介して、リーフを蓄電池として
活用し、昼間発電した電力を
夜には自宅向けに回す
ということも可能です。
このようなEVの活用は「Vehicle to Home (※2)」と呼ばれています。
バッテリーに貯めた電気は、もちろんリーフの走行用の充電にもなります。
  • ためる

    電気代の安い夜間に電気自動車に充電し、
    昼間に使うことで電気代を節約。
    電気のピークシフトにも貢献します。

  • つかう

    太陽光発電でつくった電気を
    電気自動車にため、
    夜に電気自動車から家に給電。
    エネルギーの自給自足を可能にします。

※1 パワーコンディショナーとは
パワーコンディショナーとは、直流の電気を交流に変換し、家庭用の電気機器などで利用できるようにするための装置です。
太陽光発電やエネファーム、エコウィルなどの家庭用発電システムで発生する直流電力を交流電力に変換し、家庭内での利用や蓄電池への充電、電力会社への売電などに適した、安定した出力に整える役割を持っています。

※2 Vehicle to Home(ヴィークルトゥホーム)とは
電気自動車(以下、EV)等の電力を家庭用の電力供給源として利用することを指します。
一般的な家庭の定置型蓄電池に比べてより大容量ですし、貯めた電気をEVの走行に使うだけでなく、家庭内で使うこともできるため、エネルギーをより効率的に使うことができます。

災害時の
バックアップ電源としての利用

大規模災害等で、ライフライン寸断時には
日産リーフのバッテリーから電源供給が可能です。

※東日本大震災でのライフライン復旧状況で電力は3日後に約80%復旧 (資源エネルギー庁 出典)

アイコンPOINT
災害時にカギを握るのは最初の1~3日間。
日産リーフなら
Vehicle to Homeを介して
災害時の「バックアップ電源」として
利用できます。
日産リーフなら災害時の「バックアップ電源」として利用できます。
アイコンPOINT
さらに、既存の太陽光発電と
Vehicle to Homeの連携により、
昼間に日産リーフに
電気を貯めることが
できるので安心です。
  • 太陽光発電イメージ
  • 矢印
  • 日産リーフ充電イメージ

法人の方へ

法人の方には災害時の
BCP(事業継続計画)は重要な課題です。

事業継続・地域貢献

日産リーフなら、EVパワーステーションまたはEVパワームーバーとセットで使用すれば、災害時に必要な電源供給が可能です。停電による企業・事業社さまへの影響を最小限にすることが可能です。導入コストも同程度容量の蓄電池を購入する場合に比べ投資資金も小額で済みます。しかも、低ランニングコストの社用車としてご使用いただけます。

移動手段、蓄電池
としても活用できる
日産リーフの特性を活かし、
災害時にBCP活用が可能

移動手段、蓄電池としても活用できる日産リーフの特性を活かし、災害時にBCP活用が可能
  • 例)情報収集として活用

    例)情報収集として活用

  • 例)避難所弱者対策として活用

    例)避難所弱者対策として活用

  • 例)災害現場統制として活用

    例)災害現場統制として活用

日産リーフ オーナーズボイス

愛知県名古屋市在住 平田様のご家族(リーフ歴約1年)

愛知県名古屋市在住
平田様のご家族(リーフ歴約1年)

リーフで蓄電池を検討中。

わが家では太陽光発電で売電をしていますが、あと3年ほどで卒FITを迎えます。

そのためリーフを検討する際には、蓄電池としての活用も意識していました。

リーフは大容量バッテリーとして十分な能力があり、リーフを蓄電池として電力の供給ができる「LEAF to HOME」も価格が下がってきているので、電力の有効活用や災害時・停電時への備えとしてぜひ検討したいと思っています。

leaf-icon
実車を見る・試乗する
estimate-icon
見積もりシミュレーション