日産リーフ 国内累計販売台数10万台を突破した話題の電気自動車 人気のヒミツ!日産リーフ 国内累計販売台数10万台を突破した話題の電気自動車 人気のヒミツ!

先進性や安全性の向上から電気自動車に乗り換えている人が増加しています先進性や安全性の向上から電気自動車に乗り換えている人が増加しています

  • ガソリン・ハイブリッド車から「日産リーフ」への買い替えガソリン・ハイブリッド車から「日産リーフ」への買い替え

    結果概要:
    新型「日産リーフ」のオーナーさまへのインターネットによるSA/FA形式アンケート
    【新型「日産リーフ」を購入する前に乗っていた車種は?】に対する回答日産調べ

  • はじめて電気自動車の購入を検討した時期はいつですか?はじめて電気自動車の購入を検討した時期はいつですか?

    結果概要:
    新型「日産リーフ」のオーナーさまへのインターネットによるSA/FA形式アンケート「初めてEVの購入を検討した時期はいつですか?」に対する回答日産調べ

5つの魅力 乗ってビックリ!日産リーフ5つの魅力 乗ってビックリ!日産リーフ

  • POINT1 EV車の走行性
  • POINT2 未体験の先進技術
  • POINT3 航続距離400km
  • POINT4 約52万円最大お得
  • POINT5 低金利2.9%実施中
  1. POINT1 電気自動車ならではの気持ちいい走りPOINT1 電気自動車ならではの気持ちいい走り

    電気の走りによる圧倒的な加速 ガソリン車には実現できない圧倒的な静粛性電気の走りによる圧倒的な加速 ガソリン車には実現できない圧倒的な静粛性
  2. POINT2 驚く機能がいっぱいで運転が楽しくなるPOINT2 驚く機能がいっぱいで運転が楽しくなる

    • アクセルペダルだけで運転が楽しくなるアクセルペダルだけで運転が楽しくなる
      アクセルペダルだけで運転が楽しくなる
    • お出かけが楽しくなる
      お出かけが楽しくなるお出かけが楽しくなる
    • 駐車が楽しくなる駐車が楽しくなる
      駐車が楽しくなる
  3. POINT3 リーフはフル充電から400km走行可能POINT3 リーフはフル充電から400km走行可能

    ガソリンを1適も使わない100%電気自動車です。実際の400kmってどれくらいなのか見てみませんか?ガソリンを1適も使わない100%電気自動車です。実際の400kmってどれくらいなのか見てみませんか?

    • 岡山市
    • 鳥取市
    • 松江市
    • 広島市
    • 山口市
    • 徳島市
    • 高松市
    • 松山市
    • 高知市
    岡山市岡山市
    鳥取市鳥取市
    松江市松江市
    広島市広島市
    山口市山口市
    徳島市徳島市
    高松市高松市
    松山市松山市
    高知市高知市
  4. POINT4 リーフが最大約53万円お得になりますPOINT4 リーフが最大約53万円お得になります

    補助金40万円 減税13.98万円補助金40万円 減税13.98万円
  5. POINT5 今がチャンス!2.9%特別低金利※実施中POINT5 今がチャンス!2.9%特別低金利※実施中

    LEAF 日産リーフLEAF 日産リーフ

    Photo:X。ボディカラーはブリリアントホワイトパール(3P)/オーロラフレアブルーパール(P) 2トーン〈特別塗装色〉。

    〈参考〉国の補助金を活用した場合【例えば、日産リーフGの場合】〈参考〉国の補助金を活用した場合【例えば、日産リーフGの場合】

    ※上記補助金は、自家用に「日産リーフX」を購入した場合の差額となります。詳しくは次世代自動車振興センターのWebサイトにてご確認ください。

    詳しく見る詳しく見る
「日産リーフ」は購入後も安心が充実

「日産リーフ」は購入後も安心が充実「日産リーフ」は購入後も安心が充実

多くの充電スポットで、外出先でも安心多くの充電スポットで、外出先でも安心

コンビニやスーパーなど、身近な所に充電スポットがあるので、
お買い物のついでに充電できます。

中国エリアの充電スポットは2,527基!中国エリアの充電スポットは2,527基!

ランニングコストがガソリン車より安いランニングコストがガソリン車より安い

走行距離1,000km/月の場合、年間138,264円おトク!走行距離1,000km/月の場合、年間138,264円おトク!
LEAF年間コスト:走行距離[1,000km]÷電費*[6km/kWh]×電気代*[17.87円/kWh]=月あたりの料金[2,978円]×12ヶ月=35,736円/年 レギュラーガソリン年間コスト:走行距離[1,000km]÷燃費[10km/ℓ]×燃料代[145円/ℓ]=月あたりの料金[14,500円]×12ヶ月=174,000円/年LEAF年間コスト:走行距離[1,000km]÷電費*[6km/kWh]×電気代*[17.87円/kWh]=月あたりの料金[2,978円]×12ヶ月=35,736円/年 レギュラーガソリン年間コスト:走行距離[1,000km]÷燃費[10km/ℓ]×燃料代[145円/ℓ]=月あたりの料金[14,500円]×12ヶ月=174,000円/年
計算条件を見る計算条件を見る
ガソリン車の場合
  • km
  • ÷
  • km/L
  • ×
  • F/L
  • =
電気自動車の場合
  • km
  • ÷
  • Km/kWh
  • ×
  • 円/kWh
  • =

(夜間電力契約で、夜間充電)

  1. *1:電費とは、バッテリーの「1キロワットアワー(kWh)あたりの「走行距離」を示す指標です。実際の数値はお客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて異なります。参考リンクはこちら
  2. 電気料金は、ご契約の電力会社によってことなりますので、お住まいの地域の電力会社のWebサイトにてご確認ください。 参考:中国電力ナイトホリデーコース料金(平日21時~9時)17.87円/kWh
年間のランニングコスト差
月々のランニングコスト差

燃費・電費の数値は特定の車両の数値(JC08モード)を指すものではありません。あくまで料金シミュレーションであって、実際の料金を保証するものではありません。

コストシミュレーションするコストシミュレーションする
40kWhリチウムイオンバッテリー容量保証40kWhリチウムイオンバッテリー容量保証
購入者の約90%が新型「日産リーフ」に満足!購入者の約90%が新型「日産リーフ」に満足!

結果概要:
新型「日産リーフ」のオーナー様へのインターネットによるSA/FA形式アンケート
【新型「日産リーフ」に満足していますか?】に対する回答日産調べ

動画で見る日産の安全性動画で見る日産の安全性

  • プロパイロットパーキング編

  • 電気自動車の走行性能編

  • 100%電気自動車 リーフ編

日産リーフの安全技術・先進技術日産リーフの安全技術・先進技術

    • 衝突を回避・被害を軽減

      インテリジェントエマー
      ジェンシーブレーキ *1*2

      衝突を回避・被害を軽減 インテリジェントエマージェンシーブレーキ *1*2
      フロントカメラで前方車両や歩行者を検知。万一の際は自動ブレーキにより、衝突を回避・被害を軽減。
    • 壁などの障害物を自動で検知

      踏み間違い衝突防止アシスト *1

      壁などの障害物を自動で検知 踏み間違い衝突防止アシスト *1
      駐車場などでアクセルとブレーキを踏み間違えた際、壁などを自動で検知し、アクセル出力を一時的に抑制。
    • いざという時も安心

      エアバッグ/カーテンエアバッグ *3

      いざという時も安心 エアバッグ/カーテンエアバッグ *3
      万一衝突が避けられない時に被害を最小限に留めます。
    • 車線変更時の死角をサポート

      後側方車両検知警報*1

      車線変更時の死角をサポート後側方車両検知警報*1
      車線変更時に死角となりやすい後側方に車両がいる場合、警報によって注意を喚起。
    • カメラで車線を認識

      車線逸脱防止支援システム *1

      カメラで車線を認識 車線逸脱防止支援システム*1
      意図せずに走行車線を逸脱した場合、警告を表示すると共に車線内に戻す力を短時間発生。
    • 対向車に対するライトを自動でコントロール

      ハイビームアシスト*4

      対向車に対するライトを自動でコントロールハイビームアシスト*4
      対向車のヘッドランプ等を検知して、ハイビームとロービームを自動で切替え。
    • モーター駆動によるなめらかな加速

      電気の加速

      モーター駆動によるなめらかな加速電気の加速
      回転し始めから最大トルクを発生させる事により、なめらかな加速を実現。
    • アクセルペダル一つで加速・減速・停車

      e-pedal *5

      アクセルペダル一つで加速・減速・停車e-pedal *5
      アクセルペダルとブレーキペダルの踏み替え回数が減るので、渋滞や山道での疲労を軽減。
    • 高速での疲労を軽減

      プロパイロット*6*7*8*9

      高速での疲労を軽減プロパイロット*6*7*8*9
      スイッチオンでアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御。渋滞や高速運転の疲労を軽減。
    • ボタン一つで簡単駐車

      プロパイロットパーキング*10*11*12*13*14

      ボタン一つで簡単駐車 プロパイロットパーキング*10*11*12*13*14
      ステアリング、アクセル、ブレーキを自動で制御。ボタンを押すだけで簡単駐車。
    • 映像で周囲を確認

      アラウンドビューモニター *1*15*16*17

      映像で周囲を確認 アラウンドビューモニター*1*15*16*17
      上空から見下ろしているかのような映像を通じて、車両周囲の状況を映像で確認。
    • 夜間や積荷が多い時の視界を

      サポートインテリジェントルームミラー*18

      夜間や積荷が多い時の視界を サポートインテリジェントルームミラー*18
      車両後方のカメラ映像をミラーに映し出す事により、天候や積荷の状況に左右されずに後方視界を確保。
  • *1 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。作動には一定の条件があります。機能の詳細は、取扱説明書をご確認ください。
  • *2 インテリジェント エマージェンシーブレーキは、約10~80km/hの範囲で作動します。歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。
  • *3 SRSエアバッグシステム〈前席〉は万一の前面衝突の際に、シートベルトを補助して乗員への衝撃を緩和する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。SRSエアバッグ〈前席〉、SRSサイドエアバッグ〈前席〉およびSRSカーテンエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。「SRSエアバッグ〈前席〉付車では、助手席にチャイルドシートを後ろ向きに取り付けない」事や、その他の重要な警告と注意事項を取扱説明書に記載しておりますので、必ずお読みください。
  • *4 〈ハイビームアシストの主な作動条件とご注意〉 ハイビームアシストは、対向車や先行車のライトを検知、明るい市街地(街灯など)、車速が約15km/h以下などの条件のいずれかに該当する場合はロービームに、いずれの条件にも該当せず車速が約25km/h以上の場合はハイビームに、随時自動で切り替わります。
    ※ハイビームアシストは、天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。運転時は常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動に切り替えるなど安全運転を心がけてください。
    ※ハイビームアシストは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
  • *5 減速度はe-Pedal OFF時のBレンジより強めに効きます。さらに強い減速が必要な場合はブレーキペダルを使用してください。
  • *6 プロパイロットは高速道路や自動車専用道路で使用してください。プロパイロットはドライバーの運転操作を支援するためのシステムであり、自動運転システムではありません。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。
  • *7 わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨・霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。先行車との車間距離、車線内の位置、周囲の状況に応じてアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作するなどして、常に安全運転を心がけてください。
  • *8 システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
  • *9 プロパイロットの操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。
  • *10 プロパイロット パーキングはドライバーの駐車操作を支援するためのシステムであり、安全運転を行う責任はドライバーにあります。通常の駐車操作と同様に周りの状況をミラーや目視で直接確認し、周囲の車両や障害物、人などに接触しそうな場合はブレーキを踏んで車両を停止するなど、常に安全運転を心がけてください。
  • *11 周囲の障害物等の状況によっては、駐車完了までアシストできない場合があります。
  • *12 乗車人員、積載量、空気圧等の車両状態や、勾配などの路面状態により、駐車枠が正しく認識されず、目標駐車枠に対して実際の駐車位置にズレが生じる場合があります。
  • *13 天候や駐車枠の状態などの周辺環境によっては、駐車枠を自動検知できない場合があります。駐車枠を自動検知できない場合でも、マニュアル操作で設定することも可能です。
  • *14 プロパイロット パーキングの操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。
  • *15 モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
  • *16 車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
  • *17 移動物 検知機能は自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。
  • *18 ルームミラーとインテリジェント ルームミラーには死角があります。事前に死角範囲を確認してご使用ください。ミラーとカメラの取付位置の違いにより、対象物の大きさが異なります。使用状況により、太陽光線や照明等の直接光・反射光がカメラの視野範囲内に映ると、モニター映像が見にくくなることがあります。夜間や暗い場所、照明の下および悪天候下などでは、モニターの映像と実際の色味が異なることがあります。LED光源を使用した照明の一部が映った場合、モニター画面がちらつく場合があります。ACC ONまたはエンジンONの状態でモニターを使用できます。